MENU

誰もが賞賛する、悪魔のビール

わずかな苦みとすっきりとした味わい、そして個性的なホップの香り。それがデュベルです。約90日にも及ぶ独特な醸造過程によって、クリアな味わいときめ細かな泡、そしてアルコールのほのかな甘さが生まれます。

ビールの主原料である新鮮な湧き水の次に重要な原料は大麦です。大麦は、5日間貯蔵庫で発芽させてモルトにします。モルトの色合いは温度によって影響され、出来上がりのビールにも影響を与えます。デュベルは一定の高品質で名高いホップのみ使用し、さまざまな種類の香り高いスロベニアやチェコのホップを加えて独特の苦みを引き出します。

一次発酵は20-26度。伝統に裏打ちされた技術です。現在も使用されている酵母のオリジナルは1920年代にアルベール・モルトガットがスコットランドで自ら選んだものでした。貯蔵タンクで-2度に冷却したビールを熟成させたらボトリングの準備。砂糖と酵母を加えることで瓶内発酵が可能になります。24度の暖かなセラーで2週間の発酵、つぎに冷蔵セラーに移動させてさらに6週間の熟成と安定化を行います。この長期熟成は独自の技術で、ここから洗練された風味と雑味のないデュベルの味わいが生まれます。

第一次世界大戦の終結を記念して、新たに造られたビールは「ヴィクトリー・エール」と名付けられました。そのころ地元の試飲会において近所の靴屋のヴァン・デ・ワウワーが衝撃的なアロマに感銘を受け、「このビールはまさに悪魔だ」と名言。それを契機に名称も「Duvel」に変更。当時のキリスト教国のベルギーでは、この時代に「悪魔」という名前を冠するのはかなりセンセーショナルな出来事でした。

醸造所の醸造専門チームは、日々、舌で味わってプロセスをチェックします。そして、豊かな味わいが生み出される90日間の製造行程を経てからようやく製品として醸造所から出荷されます。驚くほどのアルコール度数(8.5%)、豊かな泡、口にしたときのシルクのようななめらかさが、デュベルに圧倒的な存在感をもたらします。

最高の状態で味わっていただくために、保存方法に注意して伝統的な注ぎ方をお試しください!

1
冷暗所で瓶を立てて保存してください。横にすると瓶底の酵母がビールのなかに混ざってしまう。
2
理想的な飲み頃温度の4度に冷やし、乾燥したデュベル専用グラスを用意。
3
贅沢に醸造されたビールの扱いは丁寧に。急がずゆっくり時間をかけてグラスに注ぐ。グラスは少し傾けたほうがよい。
4
瓶とグラスはぶつからないように。クリーミーで豊かな泡を作るには、注ぎながら瓶を持ち上げるのがコツ。
5
瓶底にあるにごりと苦みを与える酵母を注ぎ入れるのを防ぐため、ボトルにビールを1cmほど残します。
6
リッチな泡をキープするために、注ぎ終わりにゆっくりグラスを立てる。 理想的な泡の量は、泡底がデュベルグラスのロゴの中心あたり からはじまり、トップがグラスのふちに届くまで。
7
グラスを見つめ、手にして、乾杯!

プロフィール

デュベルは、いまだにフルボディのゴールデン・エールの代表格とされています。トップクラスのホップのみを使用。香りは華やかで、 グレープフルーツを思い起こさせる柑橘類の香しさが鼻をくすぐります。 スパイシーさを兼ね備えた絶妙なバランスの味わいがまろやかに広がります。のどを潤すパーフェクトな飲み物、ゆっくり楽しむ大人のビールと言えるでしょう。

品名

デュベル

種類

ゴールデン・エール

品目

ビール

原材料

麦芽、ホップ(ザーツ・ホップ、スティリアン・ゴールディング)、 糖類、酵母

アルコール度数

8.5%

飲み頃温度

6~10度

容量

330ml瓶(750ml瓶、1,500ml瓶)